栄養士・歯科衛生士・助産師一口メモ

栄養士・歯科衛生士・助産師も、子育て相談、子供の健康管理に参加しています。定期健診の時に合わせてご相談ください。


  バランシングセラピー&ベビーマッサージの予定

【バランシングセラピー&ベビーマッサージ】

バランシングセラピーとは

ドイツ人のカリン小児理学療法士と、トーマス小児科医によって開発された
生後すぐから行えるベビーケアのためのテクニックです。

 日頃、お子さんの様子で向き癖がある、いつも抱っこしていないと泣いてしまう、また、反り返しが強いなど気になることはありませんか?実は身体のバランスを整えることで緩和されることがあります。赤ちゃんへの優しい圧や抱き方で少しずつ身体のバランスが整い、赤ちゃん自身が楽になり、自然な発達につながります。お父さん、お母さんもどのようにすれば子どもが落ち着き、リラックスできるかが分かり、自信が生まれてきます。また、バランシングセラピーは発達を助けるだけでなく、心理面(安心感)においても効果的な方法です。

ベビーマッサージ
赤ちゃんたちは本能的に「触れられて撫でられることが自分に良い」ということを感じています。たくさんの愛を伝え親子の絆をさらに深めていきましょう。

ティータイム
今の自分の気持ちなどお話してみませんか?子育て中でも自分のために時間を作ることは大切です。
 ※日程表クリックすると大きなサイズでダウンロードできます。バランシングセラピー ベビーマッサージ 日程


栄誉石・歯科衛生士・助産師からのメッセージ
栄養士・歯科衛生士・助産師からのアドバイス最新記事は下記から

2019年8月18日


7月20日

母乳育児を応援する会の研修会参加(県立中央病院)

斉藤ひとみ開業助産師さんの地域との連携の興味あるお話、
また饗場先生からは、母乳育児の子の体重増加のお話、
生後1日目の哺乳量はサクランボ1粒分、2〜4日目はくるみ1個分などと、お母さん方が焦ることがないようなたとえでわかりやすかったです。

そして、テーマを決めてグループに別れ話し合い、その後全体で発表しあう。書記や批評係もいます。
県内の色々な施設で勤務されている、看護師さん、助産師さん、保健師さんなどがあつまるので、情報交換の場でもあり、毎回勉強になります。
母乳育児や子育てを切れ目なく支えるために、我が小児科も、他との交流を大事に、勉強していきたいです。

 

7月31日

BT &ベビマ(クリニック内)

双子ちゃんも含め、7組8人の親子が集まってくださいました。
2回目、3回目の参加の方も居て、
抱っこしながから圧加えると、本当におとなしくなるね〜と か、向き癖がなくなりましたとか、お話が聞けて良かったです。

意識より深い、心に触れるバランシングセラピー。ぜひお子さんと通じ合ってほしいです。

福島の保健師さんも来てくださいました。
また8月も来てくださいます。

 

8月7日

B .T&ベビマ(米沢ままのてにて)

暑い中、まだ2ヶ月前のおこさんも含め5組の方々が集まっていただきました。
バランシングの全面群は生まれてすぐからでもできます。中心をみつけること、また安心させることが大事ですね。

木の上のトラの抱き方で、安心感を与え、お子さん、お母さん共々楽になります。ゆったりとした表情がなんとも癒されます。

2019年8月18日


7月27日〜28日 2年に一度のクラス会でした。
母校の病院が新しくなり見学ツアーも兼ねて。

約40年ぶりで、開けた風景にびっくり。地下鉄となった宮城野駅、新しい育英高校、楽天球場。ドクターヘリ🚁。
毎日通ったえんとつの郵便局は40年変わらないと、誰がが言ったけど、全く覚えがない😱

病院に入るときは一人一人チェックシステムがあり、⭕️になってから入る厳重なセキュリティー。
玄関入り、すぐが1番小児科、小児外科でした。
2番が産科、婦人科。
中央にカフェもあり、一息できる空間も充実。

近代的になった病院や、皆さんの近況や活躍をお聞きし、大変刺激になり、励みになった2日間でした。

2年後は山形組が幹事とか?

2019年7月4日


6月26日(水) 橋本こどもクリニックにて

クリニックでは、初めての方と2回目の方といらっしゃいました。2回目の方はうつ伏せが安定され、自分で何かをしようと好奇心旺盛でほほえましかったです。

ティータイムの時、
泣きやまない時どうしてる?の話題にもなり、おかあさんの焦りや気持ちが伝わるとますますとか、なきやませようとしないと言われても必死ですね、お母さん。
おっぱいならよい時もあるけど、ミルクの方は?とか。

3人目のお母さんで、完全にミルクでも、おっぱいにちかづけ、素肌にピタッとくっつけたりしてたと。愛情を感じました。
おんぶのように、肌と肌、ピタっと密着、安心感を与える、また場所変える、シャワーの音を聞かせる、裸にしてみるなど注意をそらすパターン等々でました。
また
日頃機嫌の良い時など、目と目を合わせ、会話して通じ合う時間を作ることも大事かと。今日のおっぱい、ミルクはどうだったぁ〜?
ベビマ気持ちよかったねぇ〜ワクチンいたかったねぇ〜ママも泣いちゃったよ〜がんばったがんばったぁ〜などなど。

いざ泣きやまない時に、いつもの会話してみて、原因を聞いてみてください。

でもどうもこうも困ったり、体調が悪いかもとか感じたら、気兼ねなく受診してくださいね。


7月3日(水) ままのて助産院にて

山形米沢間、高速が開通し、とても近くなりました。

今日は、前回に引き続きの参加で、前面、後面、側面と集中してできました。あかちゃんも、気持ちが良いのか、声を出して、お母さんと会話しながらやっていました。
木の上のトラポーズも家族で気に入ったとの事、良かったです。むきぐせも良くなり、両方向くようになったと。頭の形はまだと、うつ伏せの時間をお勧めしました。

ティータイムと同時に、季節がら、ラベンダースティック作りをしました。
お母さんが、1本作る間、微かな香りにいやされたのか、ずっとおとなしく、待って居てくれていました。
ままのての鈴木さんは、ハマったと、午後から一気に3本も作りましたと。

お母様方もたまに大事ですね、脳のリラックス。
私が一番必要かな😅💦

栄養士・歯科衛生士・助産師の一口メモ・ログ