栄養士・歯科衛生士・助産師一口メモ

栄養士・歯科衛生士・助産師も、子育て相談、子供の健康管理に参加しています。定期健診の時に合わせてご相談ください。


  バランシングセラピー&ベビーマッサージの予定

【バランシングセラピー&ベビーマッサージ】

バランシングセラピーとは

ドイツ人のカリン小児理学療法士と、トーマス小児科医によって開発された
生後すぐから行えるベビーケアのためのテクニックです。

 日頃、お子さんの様子で向き癖がある、いつも抱っこしていないと泣いてしまう、また、反り返しが強いなど気になることはありませんか?実は身体のバランスを整えることで緩和されることがあります。赤ちゃんへの優しい圧や抱き方で少しずつ身体のバランスが整い、赤ちゃん自身が楽になり、自然な発達につながります。お父さん、お母さんもどのようにすれば子どもが落ち着き、リラックスできるかが分かり、自信が生まれてきます。また、バランシングセラピーは発達を助けるだけでなく、心理面(安心感)においても効果的な方法です。

ベビーマッサージ
赤ちゃんたちは本能的に「触れられて撫でられることが自分に良い」ということを感じています。たくさんの愛を伝え親子の絆をさらに深めていきましょう。

ティータイム
今の自分の気持ちなどお話してみませんか?子育て中でも自分のために時間を作ることは大切です。
 ※日程表クリックすると大きなサイズでダウンロードできます。バランシングセラピー ベビーマッサージ 日程


栄誉石・歯科衛生士・助産師からのメッセージ
栄養士・歯科衛生士・助産師からのアドバイス最新記事は下記から

2019年10月22日


B.T(バランシングセラピー)& ベビーマッサージ

10月9日 ままのて助産院にて

4組の親子と行いました。
前回緊張されていたお子さんも慣れたのが、初めからリラックスされていました。
また向き癖もなくなったお子さんも居て、この1ヶ月頑張ってくれてたなぁと感じました。
鈴木さんがバランシングを行い、私がベビマを担当しました。
前面、後面、側面といずれ感情面にも影響あること結びつきました。

米沢の高速道路もだいぶ慣れました。帰りの景色はとても気持ちが良いです。

 


9月25日 当クリニックにて

5組の親子と行いました。
福島の阿部保健師さんがバランシングを担当しました。とてもゆっくりとしたペースで、ポイントを押さえ、子ども達もリラックスした雰囲気でした。楽しくベビーマッサージもでき、ティータイムでは、子ども達は寝てしまいました。


9月15日

増上寺にて、ピーターウォーカーのベビーマッサージの復習会に行ってきました。
心と心が通じ合う、感じるマッサージ。盲目の赤ちゃんに対して、そのお母さんは目をつぶってマッサージしていたとのお話は感動しました。

モニターの親子4組が途中から参加して、実際マッサージを一緒に行いました。

 


9月11日 ままのて助産院にて

初めての場所でキョロキョロ緊張されていたお子さんもいました。リラックスできるハンドリングや指圧など行いました。お母さんと仲良く会話をしていくうちに、お子さんも徐々に警戒心が取れたようでした。

 


9月7日〜8日

日本助産師会北海道・東北地区研修会に参加しました。
当院院長の講演もあり、小児科での産後ケア、各県から沢山の質問もあり、私達も大変勉強になりました。

また市民公開講座では、テレビで放送された、「コウノトリ」の取材協力された宮城こども病院の、室月先生の講演があり、実際に放送された映像を見ながら、撮影の裏話なども聞けて、大変感動しました。

夜の交流会でも、各県の助産師さんのパワーを感じながら、楽しく情報交換できました。来年は北海道との事です。

 


8月28日

8組のお母さんと赤ちゃんと一緒に行いました。
2回目の方が多く、感想が聞けて良かったです。緊張の取り方が分かったとか、泣き止む抱っこも役立ってるとか。

2ヶ月でむきぐせあり頭が変形しかかってるお子さんは、やはり、お家でも注意して、癖を取らないと、頭の形が向いてる方が平らになる傾向です。早めの気づきが大事ですね。あるお父さんはむきぐせのある方と逆の足にすずをつけて工夫していると。
手につけるおもちゃもあるようです。注目してみてください。

 

 

2019年8月18日


7月20日

母乳育児を応援する会の研修会参加(県立中央病院)

斉藤ひとみ開業助産師さんの地域との連携の興味あるお話、
また饗場先生からは、母乳育児の子の体重増加のお話、
生後1日目の哺乳量はサクランボ1粒分、2〜4日目はくるみ1個分などと、お母さん方が焦ることがないようなたとえでわかりやすかったです。

そして、テーマを決めてグループに別れ話し合い、その後全体で発表しあう。書記や批評係もいます。
県内の色々な施設で勤務されている、看護師さん、助産師さん、保健師さんなどがあつまるので、情報交換の場でもあり、毎回勉強になります。
母乳育児や子育てを切れ目なく支えるために、我が小児科も、他との交流を大事に、勉強していきたいです。

 

7月31日

BT &ベビマ(クリニック内)

双子ちゃんも含め、7組8人の親子が集まってくださいました。
2回目、3回目の参加の方も居て、
抱っこしながから圧加えると、本当におとなしくなるね〜と か、向き癖がなくなりましたとか、お話が聞けて良かったです。

意識より深い、心に触れるバランシングセラピー。ぜひお子さんと通じ合ってほしいです。

福島の保健師さんも来てくださいました。
また8月も来てくださいます。

 

8月7日

B .T&ベビマ(米沢ままのてにて)

暑い中、まだ2ヶ月前のおこさんも含め5組の方々が集まっていただきました。
バランシングの全面群は生まれてすぐからでもできます。中心をみつけること、また安心させることが大事ですね。

木の上のトラの抱き方で、安心感を与え、お子さん、お母さん共々楽になります。ゆったりとした表情がなんとも癒されます。

2019年8月18日


7月27日〜28日 2年に一度のクラス会でした。
母校の病院が新しくなり見学ツアーも兼ねて。

約40年ぶりで、開けた風景にびっくり。地下鉄となった宮城野駅、新しい育英高校、楽天球場。ドクターヘリ🚁。
毎日通ったえんとつの郵便局は40年変わらないと、誰がが言ったけど、全く覚えがない😱

病院に入るときは一人一人チェックシステムがあり、⭕️になってから入る厳重なセキュリティー。
玄関入り、すぐが1番小児科、小児外科でした。
2番が産科、婦人科。
中央にカフェもあり、一息できる空間も充実。

近代的になった病院や、皆さんの近況や活躍をお聞きし、大変刺激になり、励みになった2日間でした。

2年後は山形組が幹事とか?

栄養士・歯科衛生士・助産師の一口メモ・ログ